ビタミンCサプリメント効果別ランキング完全版【ビタミンC不足対策ガイド】

ビタミンCの美白効果

こんなお悩みありませんか?

  • 肌のハリやツヤがなくなってきた。
  • よく歯茎が腫れる、出血しやすい。
  • シミができやすい。
  • 髪が痛む、乾燥してきた、ねじれてきた。
  • 最近やけに身体が疲れる。
  • 効率的にビタミンCをとれるサプリがほしい。
  • そもそもサプリメントって本当に効くの?

年齢を重ねていくと、不足しがちなのがビタミンC。

ビタミンCは人間にとってとても必要な栄養素です。ビタミンCは美容効果だけでなく、血管や皮膚、粘膜の生成に必要なコラーゲンの生成を助け、肌トラブルを改善する作用があり、男女ともに摂取するべきものです。

ビタミンCが不足するとどうなるかというと、実はかなり危険な症状がでてしまいます。

一般的な症状ですと、鉄欠乏性の貧血、食欲不振、下半身のむくみなどがあり、歯茎が腫れる、歯が抜けるなどの症状も起きます。

肌にも悪影響があり、アザができやすい、皮膚が乾燥する、といった症状がでてきます。

また、倦怠感や疲労感、うつといった危険性があります。

そんな方から注目を集めているのが、ビタミンCサプリ!

効率よくビタミンCを摂取できるだけでなく、同時に摂ることでより効果的な栄養素も含むため、いま大人気な方法です。

う~ん…
ビタミンCサプリに興味はあるけれど、どれを選べばいいのか分からないな・・・

確かに、ビタミンCサプリって種類も多いですよね。でも、どれがいいか分からないからといって、適当に選んではダメですよ。コスパや自分に合っているものをちゃんとチェックする必要があります。
そこで、今回は厳選したビタミンCサプリと気になる効果効能についてまとめました。

人気のビタミンCサプリを徹底比較!

 

商品 実勢価格 ビタミンC副含量 ビタミンC以外の成分 安全性

アサヒグループ食品 ディアナチュラ ビタミンC 60日分(120粒)

748円
2粒1000mg
セルロース、ステアリン酸Ca、ビタミンB2、ビタミンB6

DHC ビタミンC(ハードカプセル) 60日分 120粒

463円
2粒1000mg
ビタミンB2

小林製薬の栄養補助食品 ビタミンC お徳用 約60日分 180粒

463円
3粒1050mg
結晶セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、ビタミンB2、メチルヘスペリジン
医薬品と同等レベルの厳しい製造管理基準

大塚製薬 ネイチャーメイド C500 200粒

864円
2粒1000mg
ローズヒップ、乳糖、セルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ショ糖脂肪酸エステル、酸化ケイ素
一般的な栄養機能食品。

ディアナチュラビタミンC・E・A 30粒(30日分)

351円
1粒400mg
酢酸ビタミンE、セルロース、ステアリン酸Ca、ビタミンA
一般的な栄養機能食品。

価格:実勢価格。
副含量:1日摂取分に含まれるビタミンCの量。
ビタミンC以外の成分:ビタミンC以外の健康や美容などに効果のある成分。

ビタミンCサプリ総合比較ランキング

本当に効くビタミンCサプリは以下の5つです。ビタミンCサプリ選びの参考にしてみてください。きっと参考になるはずです。

1位:アサヒフード ディアナチュラビタミンC 60日分 120粒

アサヒグループ食品 ディアナチュラ ビタミンC 60日分(120粒)

健康維持にビタミンCをとるならば、ディアナチュラのビタミンCがおすすめです。

「ディアナチュラのビタミンC」は、2粒にビタミンCを1,000mg凝縮したビタミンCサプリメントです。「ビタミンC」以外にも、「セルロース」「ステアリン酸Ca」「ビタミンB2」「ビタミンB6」なども摂取することができます。

価格がかなりお手頃にも関わらず、ビタミンC以外にも豊富な栄養素を含んでいることや、美容に必要な成分をギュッと濃縮していることなどから、多くの女性に支持されている人気No.1のサプリメントです。

美容のためにビタミンCを摂るなら、ディアナチュラのビタミンCがオススメです。

 

2位:DHC ビタミンC(ハードカプセル) 60日分 120粒

DHC ビタミンC(ハードカプセル) 60日分 120粒

1粒にレモン約33個分のビタミンC!

1日分に必要な1,000mgのビタミンCを配合。さらに美容に役立つビタミンB2もプラスしたサプリメント。

「同じ品質なら、必ず安い」「同じ価格なら、必ず高品質」がDHCのポリシーです。

ハードカプセルなので、ビタミンCの酸味が苦手な方でも飲みやすいのが特徴。

価格も安いので、今までビタミンCを摂ったことがなく、始めてのビタミンCを試したいという方におすすめです。

3位:小林製薬の栄養補助食品 ビタミンC お徳用 約60日分 180粒

小林製薬の栄養補助食品 ビタミンC お徳用 約60日分 180粒

小林製薬の栄養補助食品 ビタミンC お徳用 約60日分 180粒は、ビタミンCの他に、結晶セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、ビタミンB2、メチルヘスペリジン

結晶セルロースは体内でコレステロールと結びつき、排出する作用があり、メチルヘスペリジンには毛細血管強化や血流促進効果が認められているため、健康維持に役立ちます。

しかし、多量に摂取すると下痢を起こすと言われる「ショ糖脂肪酸エステル」が配合されているため、妊婦さんは控えたほうが良さそうです

健康になりたい男性には、小林製薬のビタミンCがオススメです。

4位:大塚製薬 ネイチャーメイド C500 200粒

大塚製薬 ネイチャーメイド C500 200粒

たっぷり100日分。ローズヒップ副有のビタミンCサプリメント。

ネイチャーメイドC500には、ローズヒップから抽出されたビタミンCを配合しています。

ローズヒップはバラ科の植物で、それ自体がビタミンC源であり、飲むだけでダイエット効果や美肌効果があると言われるほど女性に嬉しい天然原料です。

さらに、ビタミンCの吸収を助ける酵素や、活性酸素を除去してくれる抗酸化物質であるフラボノイド類も豊富に含まれています。

しかし、多量に摂取すると下痢を起こすと言われる「ショ糖脂肪酸エステル」が配合されているため、妊婦さんは控えたほうが良さそうです

100日分の大容量なので、すでにビタミンCを飲む習慣がある方におすすめのサプリメントです。

5位:ディアナチュラビタミンC・E・A 30粒(30日分)

ディアナチュラビタミンC・E・A 30粒(30日分)

美容とエイジングを考える女性へ。

ビタミンEは、抗酸化作用によって、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンAは、眼精疲労やドライアイを防ぎ、目の健康を保つために必要不可欠な栄養素です。

ビタミンC、E、Aを同人に摂取することで、総合的なエイジングケアが期待できます。

いつまでも若々しくありたい女性におすすめなサプリメントです。

総評

純粋にビタミンCのみ摂取したいのであれば、アサヒフード ディアナチュラビタミンCがおすすめです。

見た目年齢の若返りなら「ロスミンローヤル」

シミだけじゃなく国内唯一小ジワにも効く医薬品「ロスミンローヤル」

ビタミンCを飲むことは美容に良いですが、美容において厚生労働省が認めた商品が、ロスミンローヤルです。

ロスミンローヤルは美肌に効果的なのはもちろん、国内唯一、小ジワ・シミに飲んで効く医薬品です。

シミの効能・効果が認められた医薬品は他にありますが、『小ジワ』への 効能も認められているのは、国内で唯一、ロスミンローヤルだけ。

見た目年齢の若返りには欠かせない、小ジワとシミのダブルの効果で、お肌本来の美しさを取り戻し、若々しく保ちます。

ビタミンCの効果

ビタミンCの効果

ビタミンCは、肌や血管の老化を予防し、免疫力までアップさせるとても優れたビタミンです。

肌のハリを保ちシミを予防する

ビタミンCは、コラーゲンをつくるのに必要不可欠なビタミンです。
コラーゲンはタンパク質の一種で、細胞同士のつながりを強くし、肌や骨、血管を丈夫に保ちます。
身体を構成するタンパク質のうち、約3割はコラーゲンです。

ビタミンCはシミの原因となるメラニン色素が作られるのを防ぐ働きがあり、美肌になりたいなら必須のビタミンです。

病気から身体を守る

コレステロールや中性脂肪のような脂質は、活性酸素によって酸化され、心筋梗塞や脳梗塞などの原因になります。この酸化されたし質を「過酸化脂質(かさんかししつ)」と呼びます。

ビタミンCは、強い抗酸化作用を持っているため、過酸化脂質の生成を抑制します。

また、ビタミンCには免疫力を高めるはたらきがあり、身体の中に入ってきたウイルスと戦います。

近年では、ガンを抑制する作用も注目されていて、インターフェロンというガン抑制作用をもつ物質の生成を助け、ガン予防にもなると考えられています。

ストレスにも対抗する

ストレスを感じると、脳は「アドレナリン」という物質を分泌します。
アドレナリンが分泌されると、身体は血圧を上げ、血液の中に糖分を増やし、ストレスに抵抗する準備をはじめます。

このアドレナリンの生成にも、たくさんのビタミンCが使われます。
ビタミンCが不足すると、アドレナリンが分泌されにくくなり、ストレスにも弱くなります。

ストレスは精神的なものだけではありません。
温度の変化や睡眠不足、さらにはタバコの煙などからもストレスを受けてしまいます。

周囲から何かしらの影響を受ける環境にいる場合、ビタミンCを摂ることで、身体の芯からストレスに対抗することができます。

血管を強くする

ビタミンCが不足すると、体内の組織をつなげるコラーゲンが保持できなくなり、骨や血管がもろくなってきます。
歯茎から血がでたり、皮膚の下から出血したりといった壊血病(かいけつびょう)にかかる可能性があります。
子どものうちに壊血病にかかると、骨の発達にも支障が出てきます。

ビタミンCが不足すると、身体も疲れやすくなり、風邪などの感染症にもかかりやすくなってきます。

ビタミンCを摂り過ぎたら

ビタミンCは、身体の中に入ると2~3時間で排泄されます。野菜や果物から摂取する場合、過剰摂取の可能性はありません。
しかし、1日10g以上とると、下痢や発疹などがあらわれる可能性があります。

ビタミンCの摂り方

ビタミンCは水に溶けやすく、加熱に弱い栄養素です。
ビタミンCを効率よく吸収するには、生で食べるのが良いです。

加熱をする場合は、できるだけ短時間で調理することで、ビタミンCの破壊を最小限に防ぐことができます。
しかし、どうしても調理をするとビタミンCは減ってしまいます。そのため、多めに摂るようにすると良いでしょう。